日本司法はゴーン審問のブザマを反省して再生へと立ち上がるべき

カルロス・ゴーン逃亡者(:容疑者、日産元会長、被告などの呼称もあるが逃亡者で統一する)のレバノンでの記者会見映像を逐一観ました。それは中東人や西洋人が、自らを正当化するために口角泡を飛ばしてわめく性癖があらわになった、典型的な絵でした。見ていて少し気が重くなりました。

だが、そうはいうものの、日本の「人質司法」の在り方と、ゴーン逃亡者の逮捕拘留から逃走までのいきさつに思いを馳せてみた場合には、ゴーン逃亡者はおそらく犠牲者でもあるのだろう、とも筆者は考えることを告白しなければなりません。

弁護士の立会いなしで容疑者を取り調べたり、自白を引き出すために好き勝手にさえ見える手法で長期間勾留したり、拷問とは言わないまでも、逮捕したとたんに「推定有罪」の思惑に縛られて、容疑者を容赦なく窮追するという印象が強い日本の司法の実態は、極めて深刻な問題です。

取調べでの弁護人立ち会い制度は、米国やEU(欧州連合)各国はもちろん、韓国、台湾などにおいてさえ確立しています。日本でそれが否定されるのは、密室での自白強要によって「真実」が明らかになる、と愚にもつかない偏執を抱く警察が、人権無視もはなはだしい異様な自白追及手法に固執するからです。

そうしたことへの疑問などもあって、筆者はゴーン逃亡者が「容疑者」でもあった頃の日本での扱われ方に、少なからず同情もしていました。だが彼のレバノンでの記者会見の立ち居振る舞いを観て、今度は筆者の中に違和感もムクリと湧き上がりました。言い分があまりにも一方的過ぎるように感じたのです。

だが再び、そうはいうものの、ゴーン逃亡者のみならず日本司法も、直ちには信用できないやっかいな代物だという真実に、日本国民はそろそろ気づくべきです。日本の司法制度では、逮捕された時には例え誰であろうとも長期間勾留されて、弁護人の立ち会いも認められないまま毎日何時間も尋問され続ける可能性が高い。

容疑者は罪を認めて自白しない限り、果てしもなくと形容しても過言ではない期間とやり方で勾留される。そんな日本の司法の実態はうすら寒いものです。密室の中で行われる警察の 取調べは、戦前の特高のメンタリティーさえ思い起こさせます。まるで警察国家でもあるかのような非民主的で閉鎖的且つ陰湿な印象が絶えず付きまとっています。

日本国民のうちの特にネトウヨ・ヘイト系の排外差別主義者らは、例えば韓国の司法や政治や国体や人心をあざ笑い優越感にひたるのが好きです。そこには自らをアジア人ではなく「準欧米人」と無意識に見なす「中は白いが表は黄色い“バナナ”日本人」の思い込みもついて回っています。だが日本の司法制度やそれにまつわる人心や民意や文明レベルや文化の実相は、まさしくアジア、それも韓国や北朝鮮や中国に近いことを彼らは知るべきです。

さらに言えば、北朝鮮のテレビアナウンサーの叫ぶような醜悪滑稽なアナウンスの形は、戦時中の大本営のアナウンスに酷似しています。北朝鮮の狂気は、軍国主義がはびこっていたつい最近までの日本の姿でもあるのです。そんなアジアの後進性が詰まっているのが日本の刑事司法制度であり、ゴーン事件の背景にうごめく日本社会の一面の真実です。その暗黒地帯の住民の一派がバナナ的日本人、即ちネトウヨ・ヘイト系の排外差別主義者です。

そのことに思いをめぐらせると、カルロス・ゴーン逃亡者と彼にまつわる一連の出来事は、日本司法の課題を抉り出しそれを世界に向けて暴露したという意味で、ゴーン逃亡者が日産の救世主の地位から日本国全体の救世主へと格上げされた、と将来あるいは歴史は語りかけるかもしれない、という感慨さえ覚えます。

ゴーン逃亡者は、日本の刑事司法制度を「有罪を前提として、差別が横行する、且つ基本的人権の否定されたシステムであり、国際法や国際条約に違反している」などと厳しく指弾しました。そのうちの「有罪を前提」や「差別が横行」などという非難は、彼の主観的な見解、と断じて無視することもできます。が、国際法や国際条約に違反している、という批判はあまりにも重大であり看過されるべきものではありません。

ではゴーン逃亡者が言う、日本が違反している国際法や国際条約とはなにか。それは第一に「世界人権宣言」であり、それを改定して法的に拘束力のある条約とした自由権規約(国際人権B規約)だと考えられます。世界人権宣言は1948年に国連で採択されました。そこでは全ての国の全ての人民が享受するべき基本的な社会的、政治的、経済的、文化的権利などが詳細に規定され、規約の第9条には「何人も、ほしいままに逮捕、拘禁、または追放されることはない」と明記されています。

さらに自由権規約の同じく第9条3項では、容疑者及び被告は「妥当な期間内に裁判を受ける権利」「釈放(保釈)される権利」を有するほか「裁判にかけられる者を抑留することが原則であってはならない」とも規定しています。また第10条には「自由を奪われた全ての者は、人道的にかつ人間の固有の尊厳を重んじて取り扱われなければならない」とも記されています。

ゴーン逃亡者は日本では、4度逮捕された上に起訴後の保釈請求を2回退けられました。加えて拘置所に130日間も勾留されました。また逮捕から1年以上が過ぎても公判日程は決まっていませんでした。そうした状況は国際慣例から著しく逸脱していて、国際法の一つである自由権規約に反していると言われても仕方がない奇天烈な事態です。

ゴーン事件に先立つ2013年、国連の拷問禁止委員会が、容疑者の取り調べの改善を求める対日審査を開いたことがあります。その際「日本の刑事司法は自白に頼りすぎていて、中世のようだ」との指摘が委員から出ました。日本の司法は未だに封建社会のメンタリティーにとらわれていて、時として極めて後進的で野蛮だと国際的には見られているのです。

言葉を変えれば日本の司法は「お上」の息のかかった権威で、かつての「オイコラ巡査」よろしく「オイコラ容疑者、さっさと白状しろ」と高圧的な態度で自白を強要する、とも言えます。それは、繰り返しになりますが、日本の刑事司法が封建時代的なメンタリティーに支配されていることの証し、ととらえられても仕方がありません。欧米の猿真似をしているだけの日本国の底の浅い民主主義の全体が、その状態を育んでいる、という見方もできます。

一方カルロス・ゴーン逃亡者も、大企業を率いたりっぱな経営者で品高い目覚しい紳士などではなく、自己保身に汲々とするしたたかで胡散臭い食わせ物である、という印象を世界に向けて発信しました。ゴーン逃亡者も日本の司法制度も、もしも救われる道があるのならば、一度とことんまで検証されけん責された後でのみ再生を許されるべき、と筆者は考えます。

ゴーン逃亡者の一方的な言い分や遁走行為が、無条件に正当化されることはあり得ません。しかし、「人質司法」とまで呼ばれる日本の刑事司法制度の醜悪で危険な在り方や、グローバルスタンダードである「弁護人の取調べへの立ち会い」制度さえ存在しない実態が、世界に知れ渡ったのは極めて良いことです。なぜなら恐らくそこから改善に向けてのエネルギーが噴出する、と考えられるからです。ぜひ噴出してほしい、と切に願います。

カルロス・ゴーン逃亡者(:容疑者、日産元会長、被告などの呼称もあるが逃亡者で統一する)のレバノンでの記者会見映像を逐一観ました。それは中東人や西洋人が、自らを正当化するために口角泡を飛ばしてわめく性癖があらわになった、典型的な絵でした。見ていて少し気が重くなりました。

だが、そうはいうものの、日本の「人質司法」の在り方と、ゴーン逃亡者の逮捕拘留から逃走までのいきさつに思いを馳せてみた場合には、ゴーン逃亡者はおそらく犠牲者でもあるのだろう、とも筆者は考えることを告白しなければなりません。

弁護士の立会いなしで容疑者を取り調べたり、自白を引き出すために好き勝手にさえ見える手法で長期間勾留したり、拷問とは言わないまでも、逮捕したとたんに「推定有罪」の思惑に縛られて、容疑者を容赦なく窮追するという印象が強い日本の司法の実態は、極めて深刻な問題です。

取調べでの弁護人立ち会い制度は、米国やEU(欧州連合)各国はもちろん、韓国、台湾などにおいてさえ確立しています。日本でそれが否定されるのは、密室での自白強要によって「真実」が明らかになる、と愚にもつかない偏執を抱く警察が、人権無視もはなはだしい異様な自白追及手法に固執するからです。

そうしたことへの疑問などもあって、筆者はゴーン逃亡者が「容疑者」でもあった頃の日本での扱われ方に、少なからず同情もしていました。だが彼のレバノンでの記者会見の立ち居振る舞いを観て、今度は筆者の中に違和感もムクリと湧き上がりました。言い分があまりにも一方的過ぎるように感じたのです。

だが再び、そうはいうものの、ゴーン逃亡者のみならず日本司法も、直ちには信用できないやっかいな代物だという真実に、日本国民はそろそろ気づくべきです。日本の司法制度では、逮捕された時には例え誰であろうとも長期間勾留されて、弁護人の立ち会いも認められないまま毎日何時間も尋問され続ける可能性が高い。

容疑者は罪を認めて自白しない限り、果てしもなくと形容しても過言ではない期間とやり方で勾留される。そんな日本の司法の実態はうすら寒いものです。密室の中で行われる警察の 取調べは、戦前の特高のメンタリティーさえ思い起こさせます。まるで警察国家でもあるかのような非民主的で閉鎖的且つ陰湿な印象が絶えず付きまとっています。

日本国民のうちの特にネトウヨ・ヘイト系の排外差別主義者らは、例えば韓国の司法や政治や国体や人心をあざ笑い優越感にひたるのが好きです。そこには自らをアジア人ではなく「準欧米人」と無意識に見なす「中は白いが表は黄色い“バナナ”日本人」の思い込みもついて回っています。だが日本の司法制度やそれにまつわる人心や民意や文明レベルや文化の実相は、まさしくアジア、それも韓国や北朝鮮や中国に近いことを彼らは知るべきです。

さらに言えば、北朝鮮のテレビアナウンサーの叫ぶような醜悪滑稽なアナウンスの形は、戦時中の大本営のアナウンスに酷似しています。北朝鮮の狂気は、軍国主義がはびこっていたつい最近までの日本の姿でもあるのです。そんなアジアの後進性が詰まっているのが日本の刑事司法制度であり、ゴーン事件の背景にうごめく日本社会の一面の真実です。その暗黒地帯の住民の一派がバナナ的日本人、即ちネトウヨ・ヘイト系の排外差別主義者です。

そのことに思いをめぐらせると、カルロス・ゴーン逃亡者と彼にまつわる一連の出来事は、日本司法の課題を抉り出しそれを世界に向けて暴露したという意味で、ゴーン逃亡者が日産の救世主の地位から日本国全体の救世主へと格上げされた、と将来あるいは歴史は語りかけるかもしれない、という感慨さえ覚えます。

ゴーン逃亡者は、日本の刑事司法制度を「有罪を前提として、差別が横行する、且つ基本的人権の否定されたシステムであり、国際法や国際条約に違反している」などと厳しく指弾しました。そのうちの「有罪を前提」や「差別が横行」などという非難は、彼の主観的な見解、と断じて無視することもできます。が、国際法や国際条約に違反している、という批判はあまりにも重大であり看過されるべきものではありません。

ではゴーン逃亡者が言う、日本が違反している国際法や国際条約とはなにか。それは第一に「世界人権宣言」であり、それを改定して法的に拘束力のある条約とした自由権規約(国際人権B規約)だと考えられます。世界人権宣言は1948年に国連で採択されました。そこでは全ての国の全ての人民が享受するべき基本的な社会的、政治的、経済的、文化的権利などが詳細に規定され、規約の第9条には「何人も、ほしいままに逮捕、拘禁、または追放されることはない」と明記されています。

さらに自由権規約の同じく第9条3項では、容疑者及び被告は「妥当な期間内に裁判を受ける権利」「釈放(保釈)される権利」を有するほか「裁判にかけられる者を抑留することが原則であってはならない」とも規定しています。また第10条には「自由を奪われた全ての者は、人道的にかつ人間の固有の尊厳を重んじて取り扱われなければならない」とも記されています。

ゴーン逃亡者は日本では、4度逮捕された上に起訴後の保釈請求を2回退けられました。加えて拘置所に130日間も勾留されました。また逮捕から1年以上が過ぎても公判日程は決まっていませんでした。そうした状況は国際慣例から著しく逸脱していて、国際法の一つである自由権規約に反していると言われても仕方がない奇天烈な事態です。

ゴーン事件に先立つ2013年、国連の拷問禁止委員会が、容疑者の取り調べの改善を求める対日審査を開いたことがあります。その際「日本の刑事司法は自白に頼りすぎていて、中世のようだ」との指摘が委員から出ました。日本の司法は未だに封建社会のメンタリティーにとらわれていて、時として極めて後進的で野蛮だと国際的には見られているのです。

言葉を変えれば日本の司法は「お上」の息のかかった権威で、かつての「オイコラ巡査」よろしく「オイコラ容疑者、さっさと白状しろ」と高圧的な態度で自白を強要する、とも言えます。それは、繰り返しになりますが、日本の刑事司法が封建時代的なメンタリティーに支配されていることの証し、ととらえられても仕方がありません。欧米の猿真似をしているだけの日本国の底の浅い民主主義の全体が、その状態を育んでいる、という見方もできます。

一方カルロス・ゴーン逃亡者も、大企業を率いたりっぱな経営者で品高い目覚しい紳士などではなく、自己保身に汲々とするしたたかで胡散臭い食わせ物である、という印象を世界に向けて発信しました。ゴーン逃亡者も日本の司法制度も、もしも救われる道があるのならば、一度とことんまで検証されけん責された後でのみ再生を許されるべき、と筆者は考えます。

ゴーン逃亡者の一方的な言い分や遁走行為が、無条件に正当化されることはあり得ません。しかし、「人質司法」とまで呼ばれる日本の刑事司法制度の醜悪で危険な在り方や、グローバルスタンダードである「弁護人の取調べへの立ち会い」制度さえ存在しない実態が、世界に知れ渡ったのは極めて良いことです。なぜなら恐らくそこから改善に向けてのエネルギーが噴出する、と考えられるからです。ぜひ噴出してほしい、と切に願います。

facebook:masanorinakasone

official siteなかそね則のイタリア通信

「ボヘミアン・ラプソディ」批判者は映画殺害犯に似ている

 

ことしに入って早々(1月3日)に、イギリス娯楽小売業者協会(ERA)が、2019年に英国民が自宅で観た映画のランク付けを発表しました。

それによると2018年に大ヒットした映画「ボヘミアン・ラプソディ」がDVDやブルーレイまたダウンロードなどで170万部売れトップなりました。

「ボヘミアン・ラプソディ」は2019年1月6日、第76回ゴールデングローブ賞の作品賞に輝き、その約2ヶ月にはアカデミー賞の主演男優賞なども受賞しました。

大ヒットした「ボヘミアン・ラプソディ」に関しては、日本を含む世界中で多くの評者や論者がケンケンガクガクの言い合いを演じました。

また欧米、特に映画の主題であるクイーンの母国イギリスや、制作国のアメリカのメディアなども盛んに評しましたが、それらは概ね批判的で、観客の好感度とは大きく異なる奇妙なねじれ現象が起こりました。

筆者も当時「ボヘミアン・ラプソディ」を観ました。結論を先に言えば、文句なしに大いに楽しみました。映画の王道を行っていると思いました。王道とは「エンターテインメント(娯楽)に徹している」という意味です。

メディアや批評家や文化人やジャーナリストなどの評論は、“面白ければそれが良い映画”というエンターテインメント映画の真実に、上から目線でケチをつけるつまらないものが多かったように思います。

そのことへの反論も含めて筆者は当時記事を書くつもりでした。が、いつもの伝で多忙のうちに時間が過ぎてしまい機会を逃しました。当時筆者はブログ記事の下書きを兼ねた覚え書きに次のような趣旨を記しています。

映画の歴史を作ったのは、米英仏伊独日の6ヵ国である。6ヵ国を力関係や影響力や面白さでランク付けをすると、米仏英伊日独の順になる。個人的には面白さの順に米日伊仏英、遠く離れて独というところ。それら6ヵ国のうち、英仏伊独日の映画は没落した。娯楽を求める大衆の意に反して、深刻で独りよがりの“ゲージュツ”映画に固執したからだ。

ゲージュツ映画とは、台頭するテレビのパワーに圧倒された映画人が、テレビを見下しつつテレビとは対極の内容の映画を目指して作った、頭でっかちの小難しい作品群だ。作った映画人らはそうした映画を「芸術」作品と密かに自負し、芸術の対極にある(と彼らが考える)テレビ番組に対抗しようとした。彼らはそうやって大衆に圧倒的に支持されるテレビを否定することで、大衆にそっぽを向き映画を失陥させた。

「ボヘミアン・ラプソディ」を批判する評者の論は、映画を零落させた映画人の論によく似ている。大衆を見下し独りよがりの「知性まがいの知性」を駆使して、純粋娯楽を論難する心理も瓜二つだ。

一方で大衆の歓楽志向を尊重し、それに合わせて娯楽映画を提供し続けた米国のハリウッド映画は繁栄を極めた。ハリウッドの映画人は、テレビが囲い込んだ大衆の重要性を片時も忘れることなく、テレビの娯楽性を超える「娯楽」を目指して映画を作り続けた。「ボヘミアン・ラプソディ」はその典型の一つだ。

*
6ヵ国以外の国々の優れた監督もいる。一部の例を挙げればスウェーデンのイングマール・ベルイマン 戦艦ポチョムキンを作ったロシアのセルゲイ・エイゼンシュテイン とアンドレイ・タルコフスキー、スペイン のルイス・ブニュエル 、インドの サタジット・レイ 、 ポーランド のアンジェイ・ワイダ など、など。彼らはそれぞれが映画の歴史に一石を投じたが、彼らの国の映画がいわば一つの勢力となって映画の歴史に影響を与えたとは言い難い。

*
インドは映画の制作数では、中国やアメリカのそれさえ上回ってダントツの一位だが、中身が伴わないために世界はほとんど同国の映画を知らない。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の批判者はこう主張します。いわく、主人公フレディの内面を掘り下げる心理劇を見たかった。いわく、リアリィティーが欠如している。いわく、社会性・政治性、特に同性愛者を巡る政治状況を掘り下げていない、など、など。それらはまるで映画を徹底して退屈に仕上げろ、とでも言わんばかりの愚論です。

それらの要素はむろん重要です。だがひたすら娯楽性を追及している映画に「深刻性」を求めるのは筋違いだし笑止です。それは別の映画が追求するべきテーマなのです。なによりも一つの作品にあらゆる主張を詰め込むのは、学生や素人が犯したがる誤謬です。

「ボヘミアン・ラプソディ」の制作者は音楽を中心に据えて、麻薬、セックス、裏切り、喧嘩、エイズなど、など、の「非日常」だが今日性もあるシーンを、これでもかと盛り込んで観客の歓楽志向を思い切り満足させました。それこそエンターテインメントの真髄です。

そこに盛り込まれたドラマあるいは問題の一つひとつは確かに皮相です。他人の不幸や悲しみを密かに喜んだり、逆に他人の幸福や成功には嫉妬し憎みさえする、大衆の卑怯と覗き趣味を満足させる目的が透けて見えます。だが同時に、薄っぺらだが大衆の心の闇をスクリーンに投影した、という意味では逆説的ながら「ボヘミアン・ラプソディ」は深刻でさえあるのです。

批判者は大衆のゲスぶりを指弾し、それに媚びる映画制作者らの手法もまた糾弾します。だが大衆の心の闇にこそ人生のエッセンスが詰まっています。それが涙であり、笑いであり、怒りであり、憎しみであり、喜びなのです。そこを突く映画こそ優れた映画です。

「ボヘミアン・ラプソディ」はクイーンや主人公のフレディのドキュメンタリーではなく、飽くまでもフィクションです。実際のグループや歌手と比較して似ていないとか、嘘だとか、リアリティーに欠ける、などと批判するのは馬鹿げています。

それほど事実がほしいのなら批判者らは、「ボヘミアン・ラプソディ」ではなくクイーンのドキュメンタリー映像を見ればいいのです。またどうしても社会問題や心理描写がほしいのなら、映画など観ずに本を読めばいいのです。

映画館に出向いて、暗い顔で眉をしかめつつ考えに浸りたい者などいません。エンターテインメント映画を観て主人公の内面の深さに感動したい者などいません。「ボヘミアン・ラプソディ」にはそうした切実なテーマがないから楽しいのです。

それでも、先に言及したように、主人公と父親の間の相克や、エイズや、麻薬などの社会問題や背景などの「痛切」も、実は映画の中には提示されてはいます。だがそれらは映画の「娯楽性」に幅を持たせるために挿入された要素なのであって、メインのテーマではありません。

深刻なそれらの要素をメインに取り上げるならば、それは別の映画でなされなければなりません。そしてそれらがメインテーマになるような映画は、もはや「ボヘミアン・ラプソディ」ではありません。誰も観ない、重い退屈な作品になるのがオチです。

主人公の内面を掘り下げろとか、政治状況を扱えとか、人物のリアリティーやドラマの緻密な展開を見たい、などと陳腐きわまる難癖をつける評論家は悲しい。そうした評論がもたらしたのが、映画の凋落です。言葉を替えれば映画は、大衆を置き去りにするそれらの馬鹿げた理論を追いかけたせいで、衰退し崩落していきました。

2018年、「ボヘミアン・ラプソディ」は世界中の映画ファンを熱狂させました。観客の圧倒的な支持とは裏腹の反「ボヘミアン・ラプソディ」評論は、映画を知的営為の産物とのみ捉える俗物らの咆哮でした。映画は知的営為の産物ではありますが、それを娯楽に仕立て上げることこそが創造でありアートです。大衆がそっぽを向く映画には感性も創造性も芸術性もありません。

そこには芸術を装った退屈で傲岸で無内容の「ゲージュツ」があるのみです。「ボヘミアン・ラプソディ」が2018年には映画館で、また翌年の2019年には英国の家庭で圧倒的な支持を受けたのは、それが観客を楽しませ感動させる優れた映画であることの何よりの証しなのです。


facebook:masanorinakasone

official siteなかそね則のイタリア通信