死刑廃止論も存置論も等しく善人の祈りである

ステレオタイプの二元論

残忍な殺人事件や、銃乱射、テロ等が発生するたびに死刑制度の是非について繰り返し考えます。そのたび思いは深くなり、重なり広がってやがて困惑するのがいつもの道筋です。

最近では77人を虐殺したノルウエーの殺人鬼アンネシュ・ブレイビクが、刑期のほぼ半分を終えて10年後に自由の身となる事実に、いわく言い難い違和感を覚えました。

筆者の理性は死刑を否定し、その残虐性を憎み、自らの思いが寛容と開明に彩られた世界の趨勢に共鳴しているらしいことに安堵します。

ところが同時に筆者の感情は、何かが違うとしきりに訴えています。

死刑は非情で且つ見ていて苦しいものですが、それを否定することで全ての問題が解決されるほど単純ではありません。

死刑制度を否定することで、われわれは犠牲者を忘れるという重大な誤謬を犯しているかもしれません。

だが死刑制度を必要悪として認めてしまえば、それは死刑存置論となにも変わらない依怙地な守旧思想になります。

そうは言うものの古くて新しい命題である死刑制度の是非論には、守旧部分にも何らかの真実や事態の本質が詰まっています。

そして守旧派の主張とは死刑制度の肯定にほかならないのです。

殺人鬼 

2021年7月22日、極右思想に染まったキリスト教原理主義者のアンネシュ・ブレイビク はノルウエーの首都オスロで市庁舎を爆破したあと、近くの島で若者に向けて銃を乱射する連続テロ事件を起こしました。

爆破事件では8人、銃乱射事件では69人が犠牲になりました。後者の犠牲者は、ほとんど全員がリベラル政党を支持するために集まっていた10代の若者たちでした。

警官制服で偽装したブレイビクは、自らが計画実行した市庁舎の爆破事件の捜査を口実にして、若者らを整列させ銃を乱射し始めました。

逃げ惑う若者を追いかけ狙い撃ちにしながら、ブレイビクは倒れている犠牲者の生死を一人ひとり確認し、息のある者には情け容赦なくとどめをさしました。

泣き叫ぶ者、情けを請う者、母の名を呼ぶ者などがいました。ブレイビクは一切かまわず冷酷に、そして正確に若者たちを射殺していきました。

今からちょうど10年前、そうやって77人もの人々を爆弾と銃弾で虐殺したノルウェーの怪物ブレイビクは、たった11年後には自由の身となります。

ノルウェーの軽刑罰 

残虐な殺人者は、逮捕後は死刑どころか終身刑にさえならず、禁固21年の罰を受けたのみです。

ノルウェーにはほとんどの欧州の国々同様に死刑はなく、いかに酷薄な犯罪者でも禁固21年がもっとも重い刑罰になります。

ノルウェーには他の多くの国に存在する終身刑もありません。厳罰主義を採らない国はここイタリアを始め欧州には多くありますが、ノルウェーはその中でも犯罪者にもっとも寛容な国といっても過言ではないでしょう。

世界の潮流は死刑制度廃止であり、筆者もかすかなわだかまりを覚えつつもそれには賛同します。

わだかまりとは、死刑は飽くまでも悪ではあるものの、人間社会にとって―必要悪とまでは言わないが―存在するは意義のある刑罰ではないか、という疑念が消えないことです。

少なくともわれわれ人間は集団で生きていく限り、死刑制度はあるいは必要かもしれない、と常に自問し続けるべきだと思います。

それぞれの言い分  

世界の主流である死刑廃止論の根拠を日本にも絡めて改めて列挙しておくと:

1.基本的人権の重視。人命はたとえ犯罪者といえども尊重されるべき。死刑で生命を絶つべきではない。

2.どんなに凶悪な犯罪者でも更生の余地があるから死刑を避けてチャンスを与えるべき。

3.現行の裁判制度では誤判また冤罪をゼロにすることは不可能であり、無実の人を死刑執行した場合は取り返しがつかない。

4.国家が人を殺してはならないとして殺人罪を定めながら、死刑によって人を殺すのは大いなる矛盾。決して正当化できない。

5.死刑執行法と制度自体が残虐な刑罰を禁止する日本国憲法第36条に違反している。

6.死刑廃止は世界の潮流であるから日本もそれに従うべき等々。

これらの論拠の中でもっとも重大なものは、なんといっても「誤判や冤罪による死刑執行があってはならない」という点でしょう。このことだけでも死刑廃止は真っ当すぎるほど真っ当に見えます。

一方、死刑存置派はもっとも重大な論拠として、被害者とその遺族の無念、悲しみ、怒り等を挙げます。彼らの心情に寄り添えば極刑も仕方がないという立場での死刑肯定論です。

それらのほかに凶悪犯罪抑止のため。仇討ちや私刑(リンチ)を防ぐため。凶悪な犯罪者の再犯を防ぐため。大多数の日本国民(80%)が死刑制度を支持している。人を殺した者は自らの生命をもって罪を償うべき、等々があります。

主張の正邪

死刑肯定論者が主張する凶悪犯罪抑止効果に対しては、廃止論者はその証拠はない、として反発します。実際に抑止効果があるかどうかの統計は見つかっていません。

また80%の日本国民が死刑を支持しているというのは、設問の仕方が誘導的であり実際にはもっと少ないという意見もあります。

「誤判や冤罪は他の刑の場合にも発生する。死刑だけを特別視するのはおかしい」という存置派の主張に対しては、死刑廃止論者はこう反論します。

「死刑以外の刑罰は誤判や冤罪が判明した場合には修正がきく。死刑は人の命を奪う。その後で誤判や冤罪が判明しても決して元に戻ることはできない。従って死刑の誤審や冤罪を他の刑罰と同列に論じることは許されない」と。

そうして見てくると、死刑制度が許されない刑罰であることは明らかであるように思います。

無実の者を死刑にしてしまう決してあってはならない間違いが起こる可能性や、殺人を否定しながら死刑を設ける国の矛盾を見るだけでも、死刑廃止が望ましいと言えるのではないでしょうか。

生きている加害者の命は死んだ被害者の命より重いのか

生まれながらの犯罪者はこの世に存在しません。何かの理由があって彼らは犯罪を犯します。その理由が貧困や差別や不平等などの社会的な不正義であるなら、その根を絶つための揺るぎのない施策が成されるべきです。

死刑によって犯罪者を抹殺し、それによって社会をより安全にする、というやり方は間違っています。

憎しみに憎しみで対するのは、終わりのない憎しみを作り出すことです。その意味でも死刑廃止はやはり正しいことです。

それでいながら筆者は、やはりどうしても死刑廃止論に一抹の不審を覚えます。

それは次のような疑念があるからです。

「殺人鬼の命も重い。従って殺してはならない」という死刑廃止論は、殺されてしまった被害者の命を永遠に救うことができません。

命を救うことが死刑廃止の第一義であるなら、死刑廃止論はその時点で既に破綻しているとも言えます。

また死刑廃止論は、「生きている加害者を殺さない」ことに熱心なあまり、往々にして「死んでしまっている被害者」を看過する傾向があります。

生者の人権は、たとえ悪人でも死者の人権より重い、とでもいうのでしょうか。それでは理不尽に死者にされてしまった被害者は浮かばれません。

死刑廃止は凶悪犯罪の抑止にならない

死刑は凶悪犯罪の抑止に資することはないとされます。ところが同時に、死刑廃止も凶悪犯罪の抑止にはつながりません。

死刑のない欧州で、ノルウェー連続テロ事件やイスラム過激派によるテロ事件のような重大犯罪が頻発することが、そのことを如実に示しています。

この部分では死刑制度だけを責めることはできません。

なるべくしてなった凶悪犯罪者には死刑は恐怖を与えない。だから彼らは犯罪を犯します。

だがそれ以外の「まともな」人々にとっては、死刑は「犯罪を犯してはならない」というシグナルを発し続ける効果があります。それは特に子供たちの教育に資します。

恐怖感情を利して何かを達成するというのは望ましいことではありません。が、犯罪には常に恐怖が付きまといます。

特に凶悪犯罪の場合にはそれは著しい。

従って恐怖はこの場合は、必要悪として認めても良い、というふうにも考えられます。

汚れた命 

殺してはならない生命を殺した凶悪犯は、その時点で「人を殺していない生命」とは違う生命になります。分かりやすいように規定すれば、いわば汚れた生命です。

汚れとは被害者からの返り血に他なりません。

従って彼らを死刑によって殺すのは、彼らが無垢な被害者を殺したこととは違う殺人、という捉え方もできます。

汚れた生命は「汚れた生命自身が与えた被害者の苦しみ」を味わうべきという主張は、復讐心の桎梏から逃れてはいないものの、荒唐無稽なばかりとは言えません。

理論上もまた倫理上も死刑は悪です、だが人は理論や倫理のみで生きているのではありません。人は感情の生き物でもあります。その感情は多くの場合凶悪犯罪者を憎みます。

揺るぎない証拠に支えられた凶悪犯罪者なら、死刑を適用してもいいと彼らの感情は訴えます。だが、最大最悪の恐怖は―繰り返しになりますが―冤罪の可能性です。

法治国家では誤判の可能性は絶対に無くなりません。世の中のあらゆる人事や制度にリスクゼロはあり得ない。裁判も例外ではなく必ず冤罪が起きるリスクを伴います。

ほんのわずかでも疑問があれば決して死刑を執行しない、あらゆる手を尽くして死刑に相当するという確証を得た場合のみ死刑にすることを絶対条件に、極刑を存続させてもいいという考えもあり得ます。

ノルウエーのブレイビクのような凶悪な確信犯が、彼らの被害者が味わった恐怖や痛みを知らずに生き延びるのはおかしい。理由が何であるにせよ、残虐非道な殺人を犯した者が、被害者の味わった恐怖や痛みや無念を知ることなく、従って真の悔悟に至ることも無いまま、人権や人道の名の下で保護され続けるのは不当だと思います。

彼らは少なくとも死の恐怖と向き合うべきです。それは殺されない終身刑では決して体験できません。死刑の判決を受けて執行されるまでの時間と、執行の瞬間にのみ味わうことができる苦痛です。

彼らは死の恐怖と向き合うことで、必ず自らの非情を実感し被害者がかけがえのない存在であることを悟ります。悟ることで償いが完成します。

死の恐怖を強制するのはむろん野蛮で残酷な仕打ちです。だが彼らを救うことだけにかまけて、被害者の無念を救おうとしない制度も同様に野蛮で残酷です。

犯罪者以外は皆善人

つまるところ死刑制度に関しては、その廃止論のみが100%善ではなく、存置論も犯罪を憎む善人たちの主張であることを忘れてはなりません。

無闇やたらに死刑廃止を叫んだり、逆にその存置を主張したりするのではなく、多くの人々―特に日本人―が感じている「やりきれない思い」を安んじるための方策が模索されるべきです。

死刑をさっさと廃止しない日本は、この先も世界の非難を浴び続けるでしょう。

だが民意が真に死刑存置を望むなら、国民的議論が真剣に、執拗に、そして胸襟を開いてなされるべき時が来ています。

日本は国民議論を盛り立てて論争の限りを尽くし、その上で独自の道を行っても構わないのではないかとも考えます。

いつの日か「日本が正しい」と世界が認めることがないとは誰にも言えないのですから。

facebook:masanorinakasone

official site:なかそね則のイタリア通信

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください