イタリア式新聞意匠のエスプリ

私事になりますが先頃、ミラノに本拠を置くイタリア随一の新聞Corriera della seraから筆者を取材したいという連絡がありました。ここしばらく遠い昔にアメリカで賞をもらったドキュメンタリーが蒸し返されることが続いたので、またそのことかと思いました。少しうんざりした、というのが本音でした。

ところが古い作品の話ではなく、イタリア・ロンバルディア州のブレシャ県内に住むプロフェッショナルの外国人を紹介するコーナーがあり、そこで筆者を紹介したい、と記者は電話口で言いました。断る理由もないので取材を受けました。

そうは言うものの、あえて今取材依頼が来たのは、やはり昔の受賞作品が見返されたことがきっかけだということは、記者の関心の在所や質問内容で分かりました。しかしそれは不快なものではありませんでした。記者の人柄が筆者の気持ちをそう導きました。

発行された新聞を見て少しおどろきました。丸々1ページを使ってかつ何枚もの写真と共に、筆者のことが紹介されていました。過去に新聞に取材をされたことはありますが、1ページいっぱいに書かれた経験など皆無です。

アメリカで賞をもらったときでさえ、もっとも大きく書かれたのは日本の地方新聞。写真付きで紙面の4分の一ほどのスペースでした。全国紙にも多く紹介されましたが、本人への直接の取材はあまりなく、筆者の名前と受賞の事実を記しただけのベタ記事がほとんどでした。

それなものですから、1ページ全てを使った報道に目をみはりました。下の絵です。

イタリアの新聞には顔写真が実に多く載ります。それは自我意識の発達した西洋の新聞ということに加えて、人が、それも特に「人の顔」が大好きなイタリアの国民性が大きく影響しています。彼らは人の個性に強くひきつけられます。そして個性と、個性が紡ぎだす物語は顔に表出される、と彼らは考えています。

記事の文章は顔に表出された物語をなぞります。だが文章は、顔写真という“絵”あるいは“映像”よりももどかしい表現法です。絵や映像は知識がなくても解像し理解できますが、文章はどう足掻いても文字という最低限の知識がなければ全くなにも理解できません。

直截的な表現を好むイタリアの国民性は、彼らのスペクタクル好きとも関係しているように見えます。イタリアでは日常生活の中にあるテレビも映画も劇場もあらゆるショーも、人の動きもそして顔も、何もかもがにぎやかで劇的で楽しい表現にあふれています。新聞でさえも。。

筆者を紹介する記事は、若い頃の顔写真をなぞって物語を構成していて、記事にある東京、ロンドン、ニューヨークなどの景色は一切載っていません。筆者が生まれ育った南の島の、息をのむように美しいさんご礁の海の景色でさえも。

記者にとっては、つまりイタリアの読者にとってはそこでは、海や街の景色や事物や自然よりも人物が、人物だけが面白いのです。そして人物の面白さは顔に表れて、顔に凝縮されています。かくて紙面は顔写真のオンパレードになります。

若い自分の写真は面映いものばかりですが、幸い今現在の、成れの果ての黄昏顔もきちんと押さえてくれているので、どうにか見るに耐えられると判定しました。

日本で結婚披露宴をしたとき、筆者は黒紋付ではなく白を着たいと言い張りましたた。べつに歌舞伎役者を気取ったわけではなく、黒よりも白のほうが明るくて楽しいと思ったのです。今となってみると、あれでよかったと思います。

ちなみにその披露宴場には、あらゆる色の紋付き袴が賃貸用に備えられていました。天の邪鬼は自分以外にもいるらしい、と思ったのを昨日のことのように覚えています。

 

 


facebook:masanorinakasone

official siteなかそね則のイタリア通信

メルケルはサッチャーより優しい鉄の女だ

ドイツの政治不安が続いています。

先月の連邦議会選挙で、僅差の勝利を収め第1党になった中道左派の社会民主党(SPD)が、連立政権の樹立を目指しています。しかし先行きは不透明です。

社会民主党は第3党の「緑の党」と、第4党の自由民主党(FDP)との3党連立を模索しています。だが緑の党と自由党の政策の違いは大きく、共存は容易ではありません。

第2党になったメルケル首相所属のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)も、緑の党と自由党との連立政権樹立を狙っています。

それは4年前の政治混乱時とよく似た構図です。当時は総選挙で第1党になったキリスト教民主・社会同盟が、連立政権樹立を目指しましたが紛糾

紆余曲折を経て、前回選挙では第2党だった社会民主党との大連立が成立しました。今回選挙では第1党と第2党が逆転したのです。

社会民主党は、メルケル首相が率いるキリスト教民主・社会同盟の影で、長い間存在感を発揮できない苛立ちを抱えてきました。そのこともあって、辛うじて第1党になった今回は、メルケル色を排除しての連立政権構想を立てています。

だが既述のように僅差で第1党になったことと、連立を組みたい緑の党と自由民主党の間の不協和音もあって政権樹立は容易ではありません。

連立交渉が長引き政治不安が深まれば、2017年同様に大統領を含む各界からの圧力が強まって、結局社会民主党はキリスト教民主・社会同盟との大連立を組まざるを得なくなる可能性も出てきます。

4年前の総選挙では連立交渉がおよそ半年にも及びました。政治不安を解消するために、シュタインマイヤー大統領が介入して各党に連立への合意を勧告しました。

その結果大統領自身が所属する社会民主党が妥協して、同盟との大連立を受け入れたといういきさつがあります。

大統領が介入した場合には、議会第1党から首相候補を選ぶのが慣例。その後議会で無記名の指名選挙が実施されます。そこで過半数の賛成があれば首相に就任します。

埒が明かずに指名選挙が繰り返され、合計3度の投票でも決着がつかなければ、大統領は少数与党政権の首班として首相を指名します。それでなければ議会を解散して新たな総選挙の実施を宣告します。

次の政権ができるまでは、メルケル首相が引き続きドイツを統率します。言葉を変えればドイツは、政治不安を抱えながらも、メルケル首相という優れた指導者に率いられて安泰、ということでもあります。

少し妄想ふうに聞こえるかも知れませんが、いっそのことメルケル首相が続投すれば、ドイツはますます安泰となり、EU(欧州連合)も強くまとまっていくだろうに、と思います。

強いEUは、トランプ前大統領の負の遺産を清算しきれないアメリカや、一党&変形&異様な独裁国家つまり中ロ北朝鮮にもにらみをきかせ、それらのならず者国家の強い影響下にある世界中のフーリガン国家などにも威儀を正すよう圧力をかけることができます。

卓越したリーダーの資質を持つメルケル首相には、人生100歳時代を地で行ってもらって、ドイツ首相から大統領、はたまたEUのトップである欧州委員会委員長などの職を順繰りに就任して世界を導いてほしい。

人の寿命が延びるに従って世界中の政治家の政治生命も飛躍的に高まっています。バイデン大統領は間もなく79歳。ここイタリアのベルルスコーニ元首相は85歳。マレーシアのマハティール氏は2018年、92歳という高齢で首相に就任しました 。

また2019年、老衰により95歳で死去 したジンバブエのロバート・ムガベ大統領は、93歳まで同国のトップであり続けました。中曽根元総理なども政治生命の長大な政治家でした。メルケル首相は67歳。それらの政治家の前では子供のようなものです。

メルケル首相は、疲れた、休みたい、という趣旨の発言をしているということですが、彼女も結局政治家です。周りからの要請があれば、胸中に秘めた政治家魂に火がついて政界復帰、というシナリオも十分にあり得るのではないでしょうか。

危機の只中にあるにもかかわらず病気と称して2度も政権を投げ出し、あたかも政界から身を引くかのような言動でフェイントをかけておいて、首相擁立の黒幕的存在と見なされているどこかの国の元首相さえいます。

その元首相は、国内の右翼や歴史修正主義者やトランプ主義者らにウケるだけで、世界では何の影響力も持ちません。むしろ過去の歴史を反省しない危険な民族主義者と規定されていて、国際的には国益を損なう存在です。

メルケル首相は、その元首相とは大違いで、ドイツの過去の蛮行を正面から見据えて反省し、迷惑をかけた周辺国への謝罪の気持ちを言葉にし実行し続けました。その姿勢は国際社会からも高く評価されました。

引退を発表した彼女を惜しむ世界の声は、そうした誠実でぶれない人柄と強い指導力、また比類のない実績の数々を称えて日々高まっているようにさえみえます。

メルケル後のドイツ政権はいつかは成立するでしょう。だが新政権のトップが無力だったり非力と見なされた場合には、メルケル復権を求める声が実際に高まる可能性は十分にあると思います。

個人的には筆者はそういう状況の到来をひそかに願ってさえいます。

 

 

facebook:masanorinakasone

official siteなかそね則のイタリア通信

「永遠の都」の女性市長が堕ちてもなお永遠な理由(わけ)

10月3日-4日に行われたローマ市長選挙で現職のヴィルジニア・ラッジ市長が落選しました。

ラッジ氏は2016年、ローマ誕生以来2769年間続いてきた男性オンリーの支配体制に終止符を打ちました。

ローマは、オオカミに育てられた双子の兄弟ロームルスとレムスが、紀元前753年に建設して以降、常に皇帝や執政官や独裁官や教皇や元首などの男性指導者に統治されてきました。

生粋のローマっ子で当時37歳のラッジ氏は、彗星の如くあらわれて鋭い舌鋒で既存の政治家を糾弾。私がローマの全てを変える、と主張しました。

当時ローマでは、前市長が公費流用疑惑で辞任し、市当局がマフィアと癒着していた醜聞が明らかになるなど、市民の怒りと政治不信が最高潮に達していました。

ラッジ氏は、既成の政党や古い政治家を厳しく批判して支持を伸ばしていた反体制政党、「五つ星運動」の所属。時節も追い風になって彼女は大勝しました

ラッジ市長は、サラ金や麻薬密売を武器にローマにはびこる犯罪組織、カザモニカ(casamonica)を押さえ込んで市民の喝采を浴びました。

だが一方で、バスや電車に始まる公共交通機関のサービスの落ち込みや劣化する一方のインフラなど、ローマの構造的な腐食や疲弊には無力でした。

中でもゴミ問題に対する市の対応の遅れと拙さが厳しい批判を浴びました。ラッジ市長は「永遠の都」に日々積みあがっていく腐敗物を尋常に処理できなかったのです。

ローマには街に溢れるゴミを目当てに、イノシシの群れが徘徊する事態まで起きました。それでもラッジ市長は有効なゴミ処理策を打ち出せませんでした。驚くべき非力です。

彼女の奇態はそこでは終わりませんでした。ラッジ市長は市内の公園や歴史的建造物の庭園で芝刈り機を使う代わりに、ヤギや羊また牛などを放牧し草や木々の葉を食べさせて清掃しようとしました。

そうすることで財政難が続く永遠の都の台所を救い、環境保護にも資することができる。一石二鳥だ、と彼女は言い張ったのです。

そのアイデアは実は彼女独自のものではありません。例えばパリやドイツのケルンなどでも、小規模ですが公園などに羊を放牧して草を食ませ掃除をしています。欧州のみならず世界中に同じ例があります。

だが、ローマの場合には余りにも規模が大きい。ローマは欧州随一の緑地帯を持つ都市なのです。導入する動物の数や管理に加えて、垂れ流す糞便のもたらす衛生・健康被害を想像しただけでも実現は不可能と知れます。

市長の批判者は、そのアイデアはゴミをカモメに食べてもらう企画とそっくりの、ラッジ市長の荒唐無稽な施策だ、と激しく反発しました。

同時に彼らは「市長はやがて蚊を退治するためにヤモリの大群をローマに導入しようと言い出すに違いない」などとも嘲笑、愚弄しました。

ラッジ市長は政治的には無能だったと筆者も思います。世界有数の観光都市ローマの道端にゴミが溢れる状況を改善できないなんて、まさしく言語道断です。

しかしラッジ市長は-例えば日本に比べれば遥かに進んでいるとはいうものの-欧米先進国の中では女性の社会進出が遅れているイタリアの首都の、史上初の女性トップでした。

ローマには何食わぬ顔で女性蔑視・男尊女卑を容認するカトリックの総本山バチカンがあります。

カトリックは許しと愛と寛容を推進する偉大な宗教ですが、ジェンダーに関しては救えないほどの古い思想また体質を持っています。

欧米先進国の中でイタリアの女性の社会進出が遅れているのはカトリックの影響も大きい。欧州の精神の核の一つを形成してきたローマは、ジェンダーという意味ではひどく後進的な都市なのです。

古代の精神を持つそのローマで、ヴィルジニア・ラッジ市長という女性のトップが生まれた歴史的意義は大きい。

われわれは例えば、パリやロンドンやニューヨークなどの、欧米の他の偉大な都市で女性市長が誕生しても、もはや誰も驚きません。それらの都市は既に十分に近代的で「男尊女‘’」の社会環境にあるからです。

ローマは違います。

さり気なく且つ執拗に男尊女卑の哲学を貫くバチカンを擁する現実もあって、イタリア国内を含む欧州の他の都市のように近代的メンタリティーを獲得し実践するのは困難でした。

それが古来はじめて転換したのです。

転換の主体だったラッジ市長は、彼女の使命を終えて政治の表舞台から去ることになりました。

だが彼女が任期中にたとえ多くの懸案を解決できなかったとしても嘆くことはありません。

なぜなら厳とした男尊女卑の因習を持つイタリアで、初の「女性ローマ市長」になったラッジ氏の真の役割は、例えばアメリカ初の黒人大統領バラック・オバマ氏のそれに似た、歴史の分水嶺を示す存在であり続けることだけ、とも考えられるからです。

 

 

facebook:masanorinakasone

official siteなかそね則のイタリア通信

猥褻は作品ではなく、それを見る者の心の中にある

チチョリーナな農婦

イタリア南部の町サプリで、1800年代に書かれた詩に基づいて作られた銅像が女性蔑視だとして物議をかもしています。

詩のタイトルは「サプリの落ち葉拾い」。当時の支配者ブルボン家への抗議を示すために、仕事を放棄した農婦の自己決定権を描いています。銅像はその詩へのオマージュです。

ところが銅像の農婦はすけすけのドレスを着ていて、特に腰からヒップのラインが裸同然に見えます。それに対してフェミニストやジェンダー差別に敏感な人々が怒りの声を挙げました。

銅像は女性の自己決定を無視し、反ブルボン革命について全く何も反映していない。女性はまたもや魂を欠いた性の対象に過ぎない肉体だけを強調され、「サプリの落ち葉拾い」が語る社会的且つ政治的問題とは全く関係がないと糾弾しました。

それに対して銅像の作者で彫刻家のエマヌエレ・スティファーノ(Emanuele Stifano )さんは、何事にもただただ堕落のみを見たがる者に芸術を説明しても意味がない、と反論しました。

作品も評論も心の目の見方

筆者は彫刻家に味方します。銅像が優れた作品であるかどうかは別にして、それは創作アートです。何をどう描いても許されるのが芸術活動です。

芸術作品に昇華された農婦は、裸体でもシースルーの服を身にまとっていてもなんでも構わない。作者の心の目に見える姿が、そこでの農婦の真性の在り方なのです。

また同時にその作品を鑑賞する者には、作品をいかようにも評価する自由があります。

従ってフェミニストが、銅像は女性への侮辱だと捉えるのも正当なものであり、彼らの主張には耳を傾けなければなりません。

批判や怒りは鑑賞者の心に映る作品の姿です。作者が自らの心に見える対象を描くように、鑑賞者も自らの心の鏡に映してそれを審査します。

筆者はそのことを確認した上で、銅像の作者の言い分を支持し、一方で批判者の論にも一理があると納得するのです。

芸術と猥褻の狭間

だが、批判者の一部が「銅像を破壊してしまえ」と主張することには断固として異を唱えます。

極端な主張をするそれらの人々は、例えばボッティチェリのビーナスの誕生や、ミケランジェロのダヴィデ像なども破壊してしまえ、と言い立てるのでしょうか。

彼らが強弁しているのは、農婦の銅像は女性の尊厳を貶める下卑たコンセプトを具現化している。つまり猥褻だということです。

体の線がくっきりと見えたり、あるいはもっと露骨に裸であることが猥褻ならば、ビーナスの誕生も猥褻です。また猥褻には男女の区別はないのですから、男性で裸体のダヴデ像も猥褻になります。

あるいは彼らが、農婦像は裸体ではなく裸体を想像させる薄い衣を身にまとっているから猥褻だ、と言い張るなら筆者は、ナポリのサンセヴェーロ礼拝堂にある「美徳の恥じらい」像に言及して反論したいと思います。

美徳あるいは恥じらい

女性の美しい体をベールのような薄い衣装をまとわせることで強調しているその彫像は、磔刑死したイエスキリストの遺体を描いた「ヴェールで覆われたイエスキリスト」像を守るかのように礼拝堂の中に置かれています。

「美徳の恥じらい」像は、イタリア宗教芸術の一大傑作である「ヴェールで覆われたイエスキリスト」像にも匹敵するほどの、目覚ましい作品です。

「サプリの落ち葉拾い」像の農婦がまとっている薄地の衣は、実はこの美徳の恥じらい像からヒントを得たものではないかと筆者は思います。

大理石を削って薄い衣を表現するのは驚愕のテクニックですが、銅を自在に操ってシースルーの着物を表現するのも優れた手法です。

筆者は農婦の像を実際には見ていません。しかしネットを始めとする各種の情報媒体にあふれているさまざまの角度からの絵のどれを見ても、そこに猥褻の徴(しるし)は見えません。

女性差別や偏見は必ず取り除かれ是正されるべきです。しかし、あらゆる現象をジェンダー問題に結びつけて糾弾するのはどうかと思います。

ましてや自らの見解に見合わないから、つまり気に入らないという理由だけで銅像を破壊しろと叫ぶのは、女性差別や偏見と同次元の奇怪なアクションではないでしょうか。

猥褻の定義  

猥褻の定義は存在しません。いや定義が多すぎるために猥褻が存在しなくなります。つまり猥褻は人それぞれの感じ方の表出なのです。

猥褻の定義の究極のものは次の通りです。

「男女が密室で性交している。そのときふと気づくと、壁の小さな隙間から誰かがこちらを覗き見している。男も女も驚愕し強烈な羞恥を覚える。ある作品なりオブジェなり状況などを目の当たりにして、性交中に覗き見されていると知ったときと同じ羞恥心を覚えたならば、それが即ち猥褻である」

筆者の古い記憶ではそれはサルトルによる猥褻の定義なのですが、いまネットで調べると出てきません。だが書棚に並んでいるサルトルの全ての著作を開いて、一つひとつ確認する気力もありません。

そこでこうして不確かなまま指摘だけしておくことにしました。

キリスト教的猥褻

学生時代、筆者はその定義こそ猥褻論議に終止符を打つ究極の見解だと信じて小躍りしました。

しかし、まもなく失望しました。それというのもその認識は西洋的な見方、要するにキリスト教の思想教義に基づいていて、一種のまやかしだと気づいたのです。

その理論における覗き見をする者とは、つまり神です。神の目の前で許されるのは生殖を目的とする性交のみです。

だからほとんどが悦びである性交をキリスト教徒は恥じなければなりません。キリスト教徒ではない日本人の筆者は、その論議からは疎外されます。

その認識にはもうひとつの誤謬があります。性交に熱中している男女は、決してのぞき穴の向こうにある視線には気づきません。性交の美しさと同時にその魔性は、そこに没頭し切って一切を忘れることです。

性交中に他人の目線に気づくような男はきっとインポテンツに違いない。女性は不感症です。セックスに没頭しきっていないから彼らはデバガメの密かな視線に気づいてしまうのです。

猥褻は人の心の問題に過ぎない

そのように筆者は究極の猥褻の定義も間違っていると知りました。

そうはいうものの筆者はしかし、いまこの時の筆者なりの猥褻の定義は持っています。

筆者にとっての猥褻とは、家族の全員及び友人知己の「女性たち」とともに見たり聞いたり体験した時に、「羞恥を覚えるであろう物事」のことです。

筆者はサプリの農婦の像やビーナスの誕生やダヴィデ像、そしてむろん美徳の恥じらい像を彼らとともに見ても恥らうことはありません。恥らうどころか皆で歓ぶでしょう。

その伝でいくと、例えば女性器を鮮明に描いたギュスターヴ・クールベの「世界の起源」を、もしも筆者に娘があったとして、その娘とともに全く怯むことなく心穏やかに眺めることができるか、と問われれば自信がありません。

しかしそれは、娘にとっては何の問題もないことかもしれません。問題を抱えているのは、飽くまでもここにいる筆者なのです。

そのように猥褻とは、どこまでも個々人の問題に過ぎません。

 

 


facebook:masanorinakasone

official siteなかそね則のイタリア通信