「イタリアCovid19危機」見舞いに答える


イタリアの対COVID-19戦の惨状を気遣って、日本から多くの見舞い電話やメールまたSNSメッセージなどをいただいています。

筆者は一つひとつに丁重にお礼を述べた後に必ず「日本もイタリアと同じ程度に心配です。どうぞお気をつけください」と付け加えています。

すると、きょとん、とした顔が見えるような言い方で「日本は心配は心配ですが、イタリアほどではない」というニュアンスの返答が多く来ます。

イタリアの、特に筆者の住むロンバルディア州の感染者数や死者数、また感染拡大のスピードなどのすさまじさは、言うまでもなく日本の比ではありません。

筆者の身の回りは一見平穏ですが、大病院に始まる医療施設は地獄の様相を呈しています。それは臨場感を伴う映像とともに、主要TV局などにはじまるメディアによって、これでもかとばかりに報道され 続けています。

筆者はそれに加えてインターネットで情報を収集し、衛星放送でリアルタイムに日本の状況を見、BBCその他の英語放送で欧米また世界の動きを逐一追っています。

そんな中で気になるのが、日本政府の「情報ぼかし」にも似た言動が醸し出す「もやもや感」です。情報ぼかしは主に、オリンピックをどうしても開催したい思いから始まったようです。

典型的な例の一つが、集団感染を敢えて「クラスター」と言い換える姑息さです。その言葉は政府の代弁者の専門家がNHKに出演して突然言い出しました。筆者はCovid19問題が表に出て以降、衛星生中継でNHKの夜7時と9時のニュースを欠かさず見てきたのでそのことにすぐに気づきました。

「集団感染」と言えばひどく生々しく、善良無垢な国民のうちには恐怖感を覚える者も多いに違いない。だからわざわざ「クラスター(cluster)」という疫学上の「感染者集団」を表す英語を用いることを思いついたのではないでしょうか。

日本語は実に便利です。外来語を使えば物事の本質をぼかす効果があるケースが多い。たとえば「性交」という日本語をセックスと言い換えれば、生々しさ感が薄れます。同じく「集団感染」を聞きなれないクラスターと言い換えれば、一息つくような安心感が出ます。

筆者にはその言い換えは、神頼みにも似た無責任な心理状況の顕現に見えます。だが新型ウイルスとの戦いも、その結果に左右されるオリンピック開催も、神頼みや希望的観測やゴマカシでは決して勝ち取ることはできません。

多くの労力と金と時間と人々の願いを注ぎ込んで準備をしてきたオリンピックを、万難を排してでも開催したい気持ちは理解できることです。だがCovid19問題で世界の状況は一変しました。日本もその世界の一部なのですが、例によって世界の情勢に追(つ)いていけず、ズレた言動と施策に固執しているように見えます。

何度でも言いますが、オリンピックを開催する時は「日本一国だけが新型コロナウイルスから自由」ではなく、「世界が新型コロナウイルスから自由」でなければならないのです。日本はその単純な方程式さえ読み解けないようです。あるいは読み解けない振りをしています。

日本の感染者数が本当に少ないのならば喜ばしいことです。だがそれがウイルス検査数の少なさから出ている結果なら、やっぱりどうしても危険だと思うのです。そのこともまた繰り返して言っておきたいと思います。

日本政府の高官や御用学者などが大好きな言い方を用いれば、イタリアは2月21日にクラスターに見舞われ(クラスターの存在が明らかになり)2月22日~23日にかけてオーバーシュート(爆発的感染拡大)が起き、今も起きつづけています。

2月21日までのイタリアは、武漢からの中国人旅行者夫婦と同地から帰国したイタリア人男性3人の感染者をうまく隔離し、世界に先駆けて中国便を全面禁止にするなど、余裕しゃくしゃくと言っても過言ではない状況にありました。当時の日本の感染者は、クルーズ船を含めて80名前後でイタリアよりもはるかに深刻に見えました。

しかしイタリアの状況は一変して、誰もが知るように地獄絵的な状況になり、日本は一見、感染拡大を抑え込んで安全圏にいるように見えます。再び言います。それがまぎれもない真実ならこれに越したことはありません。だが筆者は今日も、2通の見舞いメッセージへのお礼文に「イタリアはとんでもないことになっています。でも日本もとても心配です」と書き加えずにはいられませんでした。

facebook:masanorinakasone

official siteなかそね則のイタリア通信

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください